開催中

女子美染織コレクション展Part11 アンデスの染織品 

アンデス文明は、現在のペルー共和国の太平洋海岸地帯からボリビア共和国西部の高地で紀元前約1300年から紀元後1600年に発達しました。ここでは織物の文化が豊かに発展し、海岸地帯では、綿の栽培が、高原地帯ではアルパカやリャマの家畜化が早くから始まり毛織物の文化が芽吹きました。

アンデスの人々は文字による記録こそ遺しませんでしたが、織物の模様は文化と創造力の記憶そのものです。神像や動物や自然を神格化したモチーフ、身近な動植物など、独創的でユニークな表現は、人々の生活の豊かさを感じさせます。

本展では、女子美染織コレクションが有する約400点のアンデスの染織品を前期・後期に分けて全点公開します。鮮やかな色彩や高度な織物技術により創出された豊かな歴史を貴重な文化財からお楽しみください。

【前期展示】2023年9月13日(水)~10月7日(土)
【後期展示】2023年11月1日(水)~ 12月9日(土)

Event Information

展覧会名
女子美染織コレクション展Part11 アンデスの染織品 
開催期間
2023年9月13日~12月9日
開館時間
10:00~17:00
※入館は閉館の30分前まで
休館日
日曜日, 祝日 ※10月8日~31日は展示替えのため休館
入館料

無料

公式サイト
http://www.joshibi.net/museum/
お問い合わせ

042-778-6801

Venue Information

会場
女子美術大学美術館
主催
女子美術大学、女子美術大学美術館