開催中

どうぶつ百景

江戸東京博物館コレクションより

歌川広重《名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣》安政4(1857)年、江戸東京博物館

《刺繍藤に猿図懐中たばこ入れ》江戸時代、江戸東京博物館

江戸幕府創設から400年。過去において、動物と人との関係はもっと縁の深いもので、その姿はさまざまに表現されてきました。将軍の都から帝都へ、人々は動物とどうかかわってきたのでしょうか。江戸東京博物館の61万点にも及ぶ膨大なコレクションのなかから、その特徴的な姿や形を章ごとに紹介します。2022年パリ日本文化会館で好評を得た展示の内容をさらに拡充させた展覧会です。

Event Information

展覧会名
どうぶつ百景
江戸東京博物館コレクションより
開催期間
2024年4月27日~6月23日
開館時間
10:00~18:00
(金曜日は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日
月曜日 (4月29日、5月6日、6月17日は開館)、5月7日
入館料

一般1,300(1,100)円、高校・大学生1,100(900)円、中学生以下無料
※( )内は前売料金[3/15~4/26オンラインチケットで販売]
※障がい者手帳等持参の方は200円引き(介添者1名は無料)

公式サイト
https://www.ejrcf.or.jp/gallery/
チケット購入
チケット購入はこちら
お問い合わせ

03-3212-2485

Venue Information

会場
東京ステーションギャラリー
主催
東京ステーションギャラリー(公益財団法人東日本鉄道文化財団)、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館、NHK、NHKプロモーション
巡回情報

・山梨県立博物館
会期:2024年7月13日~9月2日
・愛知県美術館
会期:2025年4~6月
・富山県水墨美術館
会期:2025年7~9月

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」 それはなぜ選ばれたのか?

千代田区内ミュージアム連携企画 展覧会への入口講座Vol.38

いまはむかし、大都市江戸・東京の担い手であった人々は、どのように動物とかかわってきたのでしょうか。江戸東京博物館の61万点にも及ぶ膨大な収蔵品のなかから、人と動物との関係を物語る美術品や工芸品など約240件をご紹介する「どうぶつ百景」展。江戸東京博物館の監修者たちに、開催館の担当が展覧会の見どころやテーマに込めた思いなどをお尋ねしながら、知られざる準備段階の舞台裏を含めて語り合います。学芸員たちの推し作品や、その魅力も知って下さい。

 

開催日時:2024年5月22日(水)15:00~16:30
開場時間:14:30
開催場所:日比谷図書文化館
会場:地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
参加費:1,000円(千代田区民500円)※千代田区民の方はご住所が確認できるものをお持ちください。
お申し込み方法:お申し込みフォーム、電話(03‐3502‐3340)、ご来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号、(「お申し込みフォーム」からの場合は④メールアドレス)をご連絡ください。*小学生以下のお子さまが参加される場合、保護者の同伴が必要です。同伴者の方にも参加費が必要です。

 

詳細はこちら
https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20240522-vol38/