開催中

開館25周年記念展Ⅱ

挑み、求めて、美の極致―みほとけ・根来・茶の湯釜―

重要文化財 金銅春日神鹿御正体 南北朝時代 細見美術館蔵

普賢菩薩像 平安後期 細見美術館蔵

重要文化財 刺繍大日如来像 鎌倉時代 細見美術館蔵

重要文化財 豊公吉野花見図屛風(左隻) 桃山時代 細見美術館蔵

細見美術館は平成 10(1998)年、京都・岡崎に開館して以来、細見家の日本美術コレクションを中心に、さまざまな視点から展覧会を行ってきました。
このたび開館 25 周年を記念し、コレクターが己の美意識を信じ、懸命に追い求めてきた多 彩なコレクションを選りすぐって紹介します。

記念展IIでは、「挑み、求めて、美の極致-みほとけ・根来・茶の湯釜-」と題して、生 涯にわたり自身の鑑識眼を鍛え、学び続けることを諦めなかった初代古香庵(細見良 1901 ~79)が愛蔵した作品を紹介するものです。 美の原点として心酔した神道仏教美術、力強 く美しい漆器・根来、研究に没頭した茶の湯釜などの金工品ほか、平安から桃山時代にか けての名品の数々をご覧いただきます。

初代古香庵は興味の赴くまま蒐集した美術品を秘蔵せず、茶会やもてなしの場で積極的 に活用してきました。時代やジャンルを超えて取り合わされた美術品の数々は、呼応しあ って空間を彩りました。展覧会では、細見家ならではの美の競演もお楽しみいただけます。 この機会に、日本美術のもつ優美さ、繊細な感性、時に大胆なほどの力強さに心を奪われ たコレクターのまなざしに触れてください。

Event Information

展覧会名
開館25周年記念展Ⅱ
挑み、求めて、美の極致―みほとけ・根来・茶の湯釜―
開催期間
2023年11月14日~2024年1月28日
開館時間
10:00~17:00
休館日
月曜日 (祝日の場合、翌火曜日)、年末年始(12月25日 - 1月4日)
入館料

一般 1,400円 学生 1,100円
※ 学生の方は学生証をご提示ください。
※ 障がい者の方は、障がい者手帳などのご提示で100円引き
【リピーター割引あり】
「リピーター割引券」を次回ご来館の際、受付にご提示いただくと200円引きでご観覧いただけます。

公式サイト
https://www.emuseum.or.jp/
お問い合わせ

075-752-5555

Venue Information

会場
細見美術館
主催
細見美術館 京都新聞

Ticket Present

本展のチケットを「2組4名様」にプレゼント!
〆切は2023年12月17日まで。
※当選は発送をもって代えさせていただきます。