開催中

広がるコラージュ / 同時開催 IIDA 101 飯田善國

岡田謙三《雲と子供》1966年 油彩・キャンバス
目黒区美術館蔵

安本亮一「東京パック」原画集より《ショウ・ウィンドーからぬけて来た女(張紙細工)》1928年 墨、コラージュ、紙
目黒区美術館蔵

福沢一郎《大砲のある静物》1931年 油彩・キャンバス
目黒区美術館蔵

飯田善國《KOSMOS―WHITE》1964年 木・塗料
目黒区美術館蔵

コラージュは、「糊で貼り付ける」という意味のフランス語(coller)から派生した言葉で、身近にある様々な素材を切り取り、組み合わせる手法です。この手法が新しい芸術表現のジャンルとして価値づけられたのは、1912年にフランスでパブロ・ピカソやジョルジュ・ブラックによって油彩画に布や紙片が貼り付けられた作品が制作されたのがきっかけといわれています。日本では、西洋美術の前衛的な表現を積極的に学んだ大正時代以降に発展し、様々な作品が作られてきました。

20世紀よりもはるか以前から存在していたコラージュという行為は、従来の芸術表現を問い直す機運の中で再発見されてきたと考えられます。次第に、技法を示す言葉の意味の範疇を越えて、多様な広がりをもって制作に用いられるようになり、現在では、その発想を読み取れる作品が数多く存在することに気づかされます。

本展では、目黒区美術館のコレクションより、コラージュによって作られた作品のほか、その発想に基づいて多様なイメージやテクスチャーを引用し組み合わせた作品を紹介し、その手法と表現を掘り下げます。

Event Information

展覧会名
広がるコラージュ / 同時開催 IIDA 101 飯田善國
開催期間
2024年2月17日~3月24日
開館時間
10:00~18:00
※入館は閉館の30分前まで
休館日
月曜日
入館料

一 般 700(550)円
大高生・65歳以上 550(400)円
中学生以下 無料
*( )内は20名以上の団体料金
*障がいのある方とその付添者1名は無料
*目黒区在住、在勤、在学の方は受付で証明書類をご提示いただくと団体料金になります。
*他の割引との併用はできません。
*ご入館のための日時指定予約は必要ございません。開館時間内に直接お越しください。

公式サイト
https://mmat.jp/
お問い合わせ

03-3714-1201

Venue Information

会場
目黒区美術館
主催
公益財団法人目黒区芸術文化振興財団 目黒区美術館
「同時開催 IIDA 101 飯田善國」

目黒にゆかりのある芸術家・飯田善國(1923-2006)の特集展示を同時開催します。

飯田善國は2023年に生誕100周年を迎えました。これを記念し、本年は「101年目からの飯田善國プロジェクト」の一環として、目黒区美術館が所蔵する飯田善國の作品・資料を中心に、画家・彫刻家・版画家、そして詩人・評論家として多彩な足跡を残した飯田善國の仕事を振り返ります。目黒区美術館での展示以降、飯田善國の生誕の地である栃木県の足利市立美術館*をはじめ、飯田の作品を所蔵する全国の他の美術館においても、特集展示が予定されています。

*飯田善國展開催情報:足利市立美術館 2024年11月16日(土)~12月26日(木)