開催中

古伊万里から見る江戸の食展

2013年にユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」とは、日本の伝統的な食文化を指します。四季折々の旬の食材の使用にはじまり、調味や調理技術、盛り付けの美しさ、さらには使用する食器や食事をする部屋のしつらえといった食空間の表現も、和食の持ち味として重要視されました。

江戸時代に誕生した伊万里焼は、食器として主に大名や公家などの上流階級層に流通しました。現代の食文化のルーツとされる江戸時代後期には料理文化が著しく発展し、磁器需要の裾野も広がりをみせます。多彩に展開していく器種のなかから定番化した形や文様には、現代の食卓にまで引き継がれたものも少なくありません。

今でこそ鑑賞品として美術的な価値を見出されている伊万里焼ですが、今展では「使う」ことに着目いたします。食事の場面で伊万里焼がどのように使用されてきたのかを、約80点の出展作品から紐解きつつ、江戸時代の食文化を紹介します。

Event Information

展覧会名
古伊万里から見る江戸の食展
開催期間
2024年7月11日~9月29日
開館時間
10:00~17:00
(入館受付は16:30まで)
※金曜・土曜は10:00~20:00(入館受付は19:30まで)
休館日
月曜日, 火曜日
※7月15日(月・祝)、8月12日(月・振休)、9月16日(月・祝)、9月23日(月・振休)は開館。
※8月10日(土)は「ファミリーデー」として開館。
入館料

一般1,200円/高大生500円
※中学生以下は入館料無料。
※8月10日(土)は中学生以下の方とのご同伴で一般料金から200円割引。

公式サイト
https://www.toguri-museum.or.jp
お問い合わせ

03-3465-0070

Venue Information