開催中

特別展アリス―へんてこりん、へんてこりんな世界―

マッド・ハッターのお茶会でのアリス、『不思議の国のアリス』初刊行版本より、ジョン・テニエル画、1866年、V&A内ナショナル・アート図書館所蔵
© Victoria and Albert Museum, London

トランプに襲われるアリス、『不思議の国のアリス』より、ジョン・テニエル画、1898~1900年
© Victoria and Albert Museum, London

Alice、酒井駒子、2013年、白泉社

ヴィヴィアン・ウエストウッド ゴールド・レーベルのアンサンブル、2015年春夏コレクションで発表
© UGO Camera

V&Aでの展示の様子
Alice Curiouser and Curiouser, May 2021, Victoria and Albert Museum Installation Image, Tea Party created by Victoria and Albert Museum, Alan Farlie, Tom Piper, Luke Halls Studio
© Victoria and Albert Museum, London

1865年にチャールズ・ラトウィッジ・ドジソンがルイス・キャロルの筆名で発表した『不思議の国のアリス』は、今日までに170以上の言語に翻訳されています。物語は児童文学という枠を超え、あらゆる想像力をかきたてる存在として世界中の人に共有されています。

そんな「アリス」がもたらした影響を、初めて包括的に、新たな手法で紹介する展覧会がこの夏、日本にやってきます。2021年に英国・ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)で開催された「Alice:Curiouser and Curiouser」の世界巡回展。日本版アレンジも加え、来場者を「へんてこりん、へんてこりんな世界」へといざないます。

本展は、ルイス・キャロルによる物語の構想や、挿絵を手掛けたジョン・テニエルの素描など、「アリス」の原点から、映画、演劇、ファッション、アート、音楽、写真など「アリス」が文学の枠を越えて各界に及ぼした影響までを約300点の展示作品で紹介します。キャロルが描く幻想的な物語世界はもちろん、個性豊かなキャラクターやモチーフからは数多くの新たな解釈が生まれ、サルバドール・ダリ、草間彌生をはじめ、ビートルズ、ヴィヴィアン・ウェストウッドといった一流のアーティストやデザイナー、映画監督、作家、科学者にまでインスピレーションを与えました。

あらゆる分野のインスピレーションの源であり、新たな創造を生み続ける「アリス」の「へんてこりんな世界」を、遊び心あふれる没入型展示演出で紹介。子どもから大人まで「不思議の国のアリス」の世界を心ゆくまで楽しむことができます。

Event Information

展覧会名
特別展アリス―へんてこりん、へんてこりんな世界―
開催期間
2022年7月16日~10月10日
開館時間
10:00~20:00
(月・火・水曜は18:00まで)
※7/18、9/19、10/10は20:00まで
※最終入館は閉館30分前まで
※会期・開館時間は変更の可能性があります。ご来館前に必ず本展公式サイトをご確認ください。
公式サイト
https://alice.exhibit.jp
お問い合わせ

050-5541-8600(9-20時 / ハローダイヤル)

Venue Information

会場
森アーツセンターギャラリー
主催
ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、朝日新聞社、フジテレビジョン
巡回情報

【大阪会場】
会期:2022年12月10日(土)~2023年3月5日(日)
会場:あべのハルカス美術館