終了

企画展「岡山・宗教美術の名宝Ⅲ -岡山の浄土教美術-」(仮称)

熊野観心十界曼荼羅(部分) 江戸時代 個人蔵

岡山県の寺社・個人からお預かりした寄託品の中から、「法然上人」・「熊野比丘尼」・「地獄・極楽」の3つのキーワードを軸に、岡山県下の浄土教美術をクローズアップします。浄土宗の宗祖・法然上人(1133~1212)は美作国久米(現在の岡山県久米郡)の出身で、親鸞聖人の生涯の師として仰がれる高僧です。法然上人の生涯を描いた絵巻「法然上人伝法絵」(鎌倉時代、岡山県立博物館)を中心に、日本浄土教の礎を築いた法然上人の生涯に迫ります。

Event Information

展覧会名
企画展「岡山・宗教美術の名宝Ⅲ -岡山の浄土教美術-」(仮称)
開催期間
2022年7月16日~8月21日 終了しました
開館時間
10:00~17:00
入館受付は16:30まで
休館日
月曜日 祝日は開館(翌日は休館日)、その他ミュージアムの定める日
お問い合わせ

075-351-2500

Venue Information