終了

日比谷図書文化館特別展

鹿島茂コレクション2『稀書探訪』の旅

「パリ、ボン・マルシェ・デパートのアジャンダ」
アジャンダ(日記・家計簿)、1920年代~30年代頃、ボン・マルシェ・デパート
Photo ©Nao KASHIMA(NOEMA Inc. JAPAN)

「パリ、ボン・マルシェ・デパートのアジャンダ」
アジャンダ(日記・家計簿)、1920年代~30年代頃、ボン・マルシェ・デパート
Photo ©Nao KASHIMA(NOEMA Inc. JAPAN)

『アール・ゼ・メティエ・グラフィック・パリ』
グラフィックアート雑誌、ポール・ヴァレリー他著、ロール・アルバン=ギヨー写真他、1927-1939年、ドゥベルニー=ペニョ印刷所
Photo ©Nao KASHIMA(NOEMA Inc. JAPAN)

『アール・ゼ・メティエ・グラフィック・パリ』
グラフィックアート雑誌、ポール・ヴァレリー他著、ロール・アルバン=ギヨー写真他、1927-1939年、ドゥベルニー=ペニョ印刷所
Photo ©Nao KASHIMA(NOEMA Inc. JAPAN)

『ラ・ヴィ・パリジェンヌ』雑誌、ジョルジュ・バルビエ他画、1863-1930年代、ラ・ヴィ・パリジェンヌ事務所
Photo ©Nao KASHIMA(NOEMA Inc. JAPAN)

ANA機内誌『翼の王国』にて連載された仏文学者 鹿島茂氏による「稀書探訪」。2007年4月号に第1回が掲載されて以降2019年3月号まで、実に12年間144回にわたる連載は、『翼の王国』ファンの間でも人気のページでした。

本展は、19世紀ロマン主義時代のイラストレーターによる挿絵本や、19世紀を中心とする地誌・風俗画、風刺画の入った新聞、モードのグラフィック資料など、1回1冊、144回の連載で採り上げられた、全144冊の稀少な書籍や資料を総覧する展覧会となります。フランス古書収集の喜怒哀楽を軽妙な語り口で綴る鹿島氏のテキストとともに、魅惑的な写真で展開された「稀書探訪」のページを飛び出して、稀覯本の数々が日比谷図書文化館の展示スペースに踊ります。

※前後期一部展示替えあり
前期 5月20日(金曜日)~6月19日(日曜日) 後期 6月21日(火曜日)~7月17日(日曜日)

Event Information

展覧会名
日比谷図書文化館特別展
鹿島茂コレクション2『稀書探訪』の旅
開催期間
2022年5月20日~7月17日 終了しました
開館時間

月~木・土:10:00~19:00
金:10:00~20:00
日・祝:10:00~17:00(入室は閉室の 30 分前ま で)
休館日
6月20日
入館料

一般300 円、大学生・高校生200 円
千代田区民、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその介添者1 名、無料
※ 住所が確認できるもの、学生証、障害者手帳などをお持ちください。

公式サイト
https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/
お問い合わせ

03-3502-3340(代表)

Venue Information

会場
千代田区立日比谷図書文化館 1階 特別展示室
主催
千代田区立日比谷図書文化館
TICKET

本展のチケットを5組10名様にプレゼント!
〆切は2022年6月30日まで。
※当選は発送をもって代えさせていただきます。