開催中

ガブリエル・シャネル展

Manifeste de mode

ガブリエル・シャネル ドレス 1966 年春夏
絹モスリン、グログラン パリ、パトリモアンヌ・シャネル
©Julien T. Hamon

ガブリエル・シャネル テーラードのジャケット、
スカート、ブラウスとベルト 1965 年春夏
ウールツイードと絹シェニール、手彩色のガラリット、
絹ガーゼ パリ、ガリエラ宮
©Julien T. Hamon

ガブリエル・シャネル 香水「シャネル N°5」
1921 年 ガラス、木綿糸、封蝋、紙 パリ、
パトリモアンヌ・シャネル
©Julien T. Hamon

ガブリエル・シャネル テーラードのジャケットとスカート
1971 年春夏 絹クレープ、ガラリット、メタル パリ、
ガリエラ宮 マントゥ夫人より寄贈
©Julien T. Hamon

ガブリエル・シャネル 「2.55」バッグ 1955-1971 年
羊革のキルティング、メタル、回転式の留め具 パリ、
パトリモアンヌ・シャネル
©Julien T. Hamon

シャネルのクリエイション、
マサロ製作 バイカラー・シューズの原型 1960-1962 年頃
子山羊革、絹サテン パリ、パトリモアンヌ・シャネル
©Julien T. Hamon

ガブリエル・シャネル(1883~1971)は、「20世紀で最も影響力の大きい女性デザイナー」といわれます。
シャネルのシンプルかつ洗練された服は着る人に実用性と快適さを与えながら、1920年代の活動的な新しい女性像の流行を先導しました。
戦後に流行したシャネルのスーツを着こなすことで、彼女自身がファッション・アイコンとして、そのスタイルを象徴しています。
本展は、ガリエラ宮パリ市立モード美術館で開催されたGabrielle Chanel.Manifeste de mode展を日本向けに再構成する国際巡回展です。ガブリエル・シャネルの仕事に焦点を当てる回顧展を日本で開催するのは32年ぶりのことです。
シャネルのスーツ、リトル・ブラック・ドレスを代表に、どれも特徴的な服はシャネルのファッションに対する哲学を体現し、さらにコスチューム・ジュエリーやシャネルN°5の香水といった展示に当時の記録映像が加わることで引き立てられ、鑑賞者をシャネルのクリエイションの魅力へと誘います。

Event Information

展覧会名
ガブリエル・シャネル展
Manifeste de mode
開催期間
2022年6月18日~9月25日
開館時間
10:00~18:00
(祝日を除く金曜と会期最終週平日、第2水曜日は21:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日
月曜日 ※ただし、祝日の場合、8月15日は開館
※トークフリーデー(6月27日、7月25日、8月29日)は開館
入館料

一般2,300円、高校・大学生1,200円、小・中学生無料

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各時間の入場人数に上限を設けています。詳しくは美術館公式サイトをご確認ください。

公式サイト
https://mimt.jp/
お問い合わせ

050-5541₋8600(ハローダイヤル)

Venue Information