開催中

日中国交正常化50周年記念展PartⅢ

~珠璧交輝~ 清代木版年画+UKIYO-E

中国美術館蔵「弾琵琶仕女」 天津楊柳青・清代

川崎・砂子の里資料館蔵「相馬の古内裏」
歌川国芳・弘化2-3年頃(前期展示作品)

中国美術館蔵「百花公主」天津楊柳青・清乾隆

川崎・砂子の里資料館蔵「東都名所猿若町芝居」
歌川広重・弘化4-嘉永5年(後期展示作品)

日中友好会館美術館では、日中国交正常化50周年を記念して、中国の貴重な清代木版年画26点、日本が世界に誇る浮世絵52点(前期・後期26点ずつ展示)を無料公開します。

浮世絵が庶民の間で流行した日本の江戸時代と華麗な文化が花開いた中国の清代。同時代に発展を遂げた日中版画が一堂に会する展覧会は、これまでにほぼ類をみないスペシャルな企画です。

中国では日本よりも以前に多色刷りの版画技法が確立されており、中でも版画の主要産地であった江蘇省蘇州から「姑蘇版(または蘇州版)」と呼ばれる版画が長崎を経由して日本に多く伝わりました。こうした、中国の優れた版画を通じて、日本の浮世絵は風俗画や西洋の遠近法などを学び取り、独自の発展を遂げていきます。

互いに庶民の生活を写し取った、日本の浮世絵と中国の清代木版年画を並べてみると、両者には”共通点”もあり、それぞれの国民性を色濃く反映した”特色”もみてとれます。

芸術の秋、浮世絵と清代木版年画の”日中版画文化の華麗な共演”を是非お楽しみください!

【前期】9月23日~10月23日
【後期】10月25日~11月20日
※浮世絵は、作品保護のため、前期と後期で展示替えを行います。

Event Information

展覧会名
日中国交正常化50周年記念展PartⅢ
~珠璧交輝~ 清代木版年画+UKIYO-E
開催期間
2022年9月23日~11月20日
開館時間
10:00~17:00
(ただし、9/30、10/14、10/28、11/11は20:00まで開館)
休館日
月曜日
入館料

無料

公式サイト
https://jcfcmuseum.jp/events/event/2022-19/
お問い合わせ

03-3815-5085/公益財団法人日中友好会館 文化事業部

メールでのお問い合わせはこちら

Venue Information

会場
日中友好会館美術館
主催
公益財団法人日中友好会館、中国美術館