開催中

旅と想像/創造 いつかあなたの旅になる

《朝香宮旧蔵絵葉書》東京都庭園美術館蔵

相川勝
《シドニーオペラハウス,オーストラリア/〈ポストカード〉より》
2013年

相川勝 《K2を登る》より 2021年 インクジェット・プリント

さわひらき 《dwelling》2002年 ©️ Hiraki Sawa

さわひらき 《幻想考》 2021年
奥能登国際芸術祭での展示風景
撮影:木奥惠三

宮永愛子《suitcase -key-》2019年
ナフタリン、樹脂、封蝋、ミクストメディア
高松市美術館「宮永愛子:漕法」展示風景
撮影:木奥恵三 ©️MIYANAGA Aiko, Courtesy of Mizuma Art Gallery

旅に出たい。ここではないどこかへ行きたい。
移動の自由が制限された2年半、世界中の人々が旅を諦めました。この期間中に旅への想いが募り、自分の中の旅願望に気付いた人も少なくないでしょう。いったい旅とはいかなるものなのでしょう。

本展はこうした問いの行方を、他者の旅を手がかりに、再考するための“旅のアンソロジー”です。イントロダクションとなるのは、庭園美術館の本館建築に大きな影響を与えた朝香宮夫妻の100年前の欧州旅行です。1920年代の旅風景を美術工芸品と資料によって描き出します。
それに続き、ある個人コレクターの鉄道資料蒐集の旅、そして現代アーティストたちによる旧朝香宮邸をめぐる作品を、建築空間を生かしたインスタレーションによって紹介します。
それぞれの旅に潜む物語は、もはや旅が旅人だけのものではなく、受け取る側のあなたと共有され、想像の中で経験されることを待っていると言えるでしょう。

だれかの旅は、“いつかわたしの旅になる”。
展覧会で出会う旅が、想像を膨らませるきっかけとなり、あなたの新しい旅を切り開く第一歩になりますように。

※本展はオンラインによる事前予約制です

Event Information

展覧会名
旅と想像/創造 いつかあなたの旅になる
開催期間
2022年9月23日~11月27日
開館時間
10:00~18:00
※入館は閉館の30分前まで
休館日
月曜日 (ただし、10月10日は開館)
10月11日
入館料

一般=1,400(1,120)円/大学生(専修・各種専門学校含む)=1,120(890)円/中・高校生=700(560)円/65歳以上=700(560)円
※( )内は20名以上の団体料金
※小学生以下および都内在住在学の中学生は無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者2名は無料(手帳の提示をお願いします)

公式サイト
https://www.teien-art-museum.ne.jp/
お問い合わせ

050-5541-8600(ハローダイヤル)

Venue Information

会場
東京都庭園美術館 本館+新館
主催
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館
TICKET

本展のチケットを「5組10名様」にプレゼント!
〆切は2022年10月16日まで。
※当選は発送をもって代えさせていただきます。