これから開催

平田哲朗個展「芸術か科学か」

富山県氷見市で地域型アートプロジェクト「氷見クリック」や「ヒミング」を主催していた平田哲朗が、大量の作品?研究物? 構造体を遺し急逝しました。

東京藝術大学在学中より、構造的で生命の本質に迫るような絵画を描いていた平田は、バックミンスター・フラーのフラードームの構造体への興味を入り口として多面体のさまざまな展開に関心を持ち、この15 年ぐらいほとんど発表することもなく、作り続けていた作家です。

微生物や微化石の構造体のモデルにも思えるし、未来の宇宙船や人工衛星の建造物の構造体のようにも見えます。数学の多面体の基本を自由に展開しながら、生命や宇宙の本質に迫る勢いでこの立体の制作に没頭してきたのかもしれません。これが何であるのかの解釈は既に美術の文脈だけでは解明不能で、さまざまな専門家、研究者の意見を、この展覧会を機会に求めたいところです。

本展は、根源的な問いを追い続けた作家としての平田の活動に光を当て、芸術と科学の両方の視点からその魅力を解き明かす出発点となればと思います。

Event Information

展覧会名
平田哲朗個展「芸術か科学か」
開催期間
2022年10月13日~10月17日
開館時間
11:00~20:00
(最終日は18:00まで)
休館日

会期中無休
入館料

無料

公式サイト
https://www.3331.jp/schedule/005677.html
お問い合わせ

03-6803-2441(代表)

Venue Information

会場
アーツ千代田 3331 1F メインギャラリー
主催
平田哲朗展実行委員会