これから開催

面構(つらがまえ) 片岡球子展 たちむかう絵画

《面構 葛飾北斎》 1971(昭和46)年 神奈川県立近代美術館蔵

《面構 歌川国貞と四世鶴屋南北》 1982(昭和57)年 東京国立近代美術館蔵

《面構 足利尊氏》 1966(昭和41)年 神奈川県立近代美術館蔵

《面構 浮世絵師歌川国芳と浮世絵研究家鈴木重三先生》小下図

片岡球子(1905-2008)は、北海道札幌市生まれ。1926年女子美術専門学校日本画科高等科を卒業後、神奈川県横浜市の大岡尋常高等小学校(現横浜市立大岡小学校)に勤めながら創作を続けました。日本美術院の再興第17回院展に25歳で初入選、のちに同人へと推挙され日本画家としての地位を確立。1955年に小学校を退職し、母校女子美術大学日本画科にて教鞭をとり、1966年愛知県立芸術大学開校を機に同校の日本画科主任教授となりました。1989年、文化勲章を受章。

再興第51回院展より開始した「面構」シリーズは、1966年から2004年までの38年間で44点を出品、片岡球子のライフワークとなりました。『面構は顔だけを描いているだけではなく、その人間が現代に生きていたらどんな風に役立つかなどと、思いながら描いています。』片岡球子の言葉にあるように、「面構」は単に歴史上の人物の肖像ではありません。人間の「魂」を描きたいと考えた片岡球子が取り組み続けた作品です。綿密に取材・推敲を重ね確信をもって血肉のある人間に仕立てあげています。

本展は、迫力ある「面構」シリーズ42点と初公開の小下図、「面構」の出発点となる作品などを展示する大変貴重な機会となります。

展覧会・イベントの中止や延期、一部内容が変更になる場合があります。最新情報は、そごう横浜店そごう美術館ホームページをご確認ください。

Event Information

展覧会名
面構(つらがまえ) 片岡球子展 たちむかう絵画
開催期間
2023年1月1日~1月29日
開館時間
10:00~20:00
(入館は閉館の30分前まで)
※1月1日は18:00閉館
※そごう横浜店の営業時間に準じ、変更になる場合があります
休館日

会期中無休
入館料

【事前予約不要】
一般1,400(1,200)円、大学・高校生1,200(1,000)円、中学生以下無料
※( )内は、前売および以下をご提示の方の料金
[クラブ・オン/ミレニアムカード、クラブ・オン/ミレニアム アプリ、セブンカード・プラス、セブンカード]
※障がい者手帳各種をお持ちの方、およびご同伴者1名は無料
※前売券は、2022年12月31日まで、そごう美術館またはセブンチケット、ローソンチケット、イープラス、チケットぴあにて販売

公式サイト
https://www.sogo-seibu.jp/common/museum/
お問い合わせ

045-465-5515

Venue Information

会場
そごう美術館
主催
そごう美術館、神奈川新聞社
TICKET

本展のチケットを「5組10名様」にプレゼント!
〆切は2022年12月25日まで。
※当選は発送をもって代えさせていただきます。