開催中

そこに何をみたか――萩原朔太郎研究会58年の軌跡

萩原朔太郎研究会歴代会長展

1964年に設立された”萩原朔太郎研究会”は、今年で設立58年を迎えました。「萩原朔太郎大全2022」参加企画として、当館では「詩人・萩原朔太郎を研究する」ということについて、萩原朔太郎研究会の歴代会長たちが、「萩原朔太郎」をどう捉えたか、著作や研究会会報の言葉から紹介し、”論じる”という視点から見た朔太郎について、掘り下げて考えてみたいと思います。会期中は、第5代会長の三浦雅士氏と現会長の松浦寿輝氏の記念講演を開催します。詳しくは文学館公式サイトの催し物ページをご確認ください。

また、連携企画展示として、前橋市立図書館にて朔太郎資料の収集を行い「萩原朔太郎研究会」をつくりあげた渋谷国忠(しぶや・くにただ)氏についての企画展が開催されます。

「いつか私は詩人朔太郎に出会う運命にあった―前橋市立図書館と渋谷国忠―」
会期:10月1日~2023年1月15日
会場:前橋市立図書館 2階展示室
公式サイトはこちら

Event Information

展覧会名
そこに何をみたか――萩原朔太郎研究会58年の軌跡
萩原朔太郎研究会歴代会長展
開催期間
2022年10月1日~2023年1月15日
開館時間
09:00~17:00
※最終入館は閉館の30分前まで
休館日
水曜日 (ただし、11月23日は開館、11月24日は休館)
年末年始:12月28日~1月4日
入館料

一般500円

※高校生以下無料

※障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名無料

公式サイト
https://www.maebashibungakukan.jp/
お問い合わせ

027-235-8011

メールでのお問い合わせはこちら

Venue Information

会場
萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち前橋文学館 2階企画展示室
主催
朔太郎研究会展実行委員会、萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち前橋文学館