これから開催

ブルターニュの光と風

画家たちを魅了したフランス〈辺境の地〉

アンリ・モレ《ポン=タヴァンの風景》
1888-89年頃 油彩・キャンヴァス 39.5×59.5cm
カンペール美術館
Musée des beaux-arts de Quimper, France

豊かな自然と独自の文化を持つことで知られるフランス北西部の地、ブルターニュ地方に魅了された画家たちが描いた作品を通じ、同地の歴史や風景、風俗を幅広く紹介する展覧会です。深緑の海や険しい断崖が連なる海岸線、平原と深い森とが織りなす固有の景観、また、そこに暮らす人々の慎ましい生活と敬虔な信仰心は、19世紀初め以来、数多くの画家たちの関心を掻き立ててきました。

本展では、ブルターニュに関する作品を多数所蔵するカンペール美術館の作品を中心に、45作家による約70点の油彩・版画・素描を通じて、フランス「辺境の地」ブルターニュの魅力を紹介します。

SOMPO美術館を含め、全国5会場で開催。

Event Information

展覧会名
ブルターニュの光と風
画家たちを魅了したフランス〈辺境の地〉
開催期間
2023年3月25日~6月11日
開館時間
10:00~18:00
最終入館は17:30まで
休館日
月曜日
公式サイト
https://www.sompo-museum.org/
お問い合わせ

050-5541-8600(ハローダイヤル)

Venue Information

会場
SOMPO美術館
主催
SOMPO美術館