これから開催

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

ブーフーウーと仲間たち

「さんびきのこぶたのものがたり ぶーふーうー」原画
(『別冊キンダーブック』1960年フレーベル館)
水彩・紙 30.8×42.1cm
NPO法人 古き良き文化を継承する会蔵

『ねずみとおうさま』装幀原画(部分)
(1953年 岩波のこどもの本 岩波書店)
水彩、インク・紙 20.7×33.5cm(部分)
NPO法人 古き良き文化を継承する会蔵

「馬」ポスター(1941年 東宝) 75×52.5cm
NPO法人 古き良き文化を継承する会蔵

「サトちゃん」人形(1960年代,佐藤製薬)
NPO法人 古き良き文化を継承する会蔵

「サトちゃん」原画(1959年)
鉛筆・トレーシングペーパー 16×15cm
NPO法人 古き良き文化を継承する会蔵

土方重巳は、1915(大正4)年に兵庫県に生まれました。土方は、1949年に劇作家・飯沢匡と出会ってから、デザイナーとして数々の魅力的なキャラクターを生み出しました。この名コンビが手がけた、絵本版『ヤンボウニンボウトンボウ』や、NHKテレビ「おかあさんといっしょ」の人気人形劇「ブーフーウー」は、多くの子ども達を魅了しました。1952年からはじまり、土方がデザインを担当した人形絵本シリーズは国境を越えて、アメリカ、フランス、ドイツなど世界78ヶ国、15ヶ国語で80種類が出版されたといいます。

また、土方は今も愛されている佐藤製薬のキャラクター「サトちゃん」の生みの親であり、飯沢匡とともにアサヒビールやミツワ石鹸の人形アニメーションCMをつくるなど、企業広告の分野にも足跡を残しました。

本展では、土方が東宝で戦前戦中に手がけた名作映画や文化映画のポスター、戦後フリーのデザイナーとして手がけたバレエやオペラの公演ポスター、チラシも多数ご紹介します。貴重な原画やポスター、グッズ、映像などで、土方の多彩な仕事をたどります。

Event Information

展覧会名
キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界
ブーフーウーと仲間たち
開催期間
2023年2月11日~4月9日
開館時間
10:00~18:00
休館日
3月6日, 4月3日
入館料

一般1,000(800)円、高大・65 歳以上800(640)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※無料観覧日:2月12日

公式サイト
https://www.yokosuka-moa.jp/
お問い合わせ

046-845-1211

Venue Information

会場
横須賀美術館
主催
横須賀美術館

Ticket Present

本展のチケットを「5組10名様」にプレゼント!
〆切は2023年3月12日まで。
※当選は発送をもって代えさせていただきます。