これから開催

親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年記念

春季特別展「真宗と聖徳太子」

聖徳太子童形像・六随臣像
室町時代  岐阜・浄源寺

木造 聖徳太子童形立像
南北朝・暦応4年(1341) 東京・西光寺

重文 本願寺聖人親鸞伝絵 巻上(部分)
南北朝時代 大阪・天満定専坊

光明本尊 室町時代 兵庫・高福寺

親鸞聖人御誕生850年、そして立教開宗800年を記念して、真宗と聖徳太子に焦点を当てた展覧会を開催します。

一昨年1400年御聖忌を迎えた聖徳太子(厩戸皇子)は、歴史上の人物として馴染み深い存在ですが、日本仏教においても宗派を問わず崇敬されてきました。中でも浄土真宗宗祖の親鸞の太子への深い思いは格別で、「和国の教主」と崇め、太子の造形化にも関わっていました。

本展では、親鸞とその後継者たちが生み出した太子ゆかりの宝物、重要文化財3件を含む約90件を紹介します。

Event Information

展覧会名
親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年記念
春季特別展「真宗と聖徳太子」
開催期間
2023年4月1日~5月28日
開館時間
10:00~17:00
※入館受付は16:30まで
休館日
月曜日, 4月17日, 5月1日, 5月15日, 5月22日
入館料

一般1,400円(1,200円)、高大生900円(700円)、小中生500円(400円)
※( )内は20名以上団体料金

公式サイト
https://museum.ryukoku.ac.jp/exhibition/2023/taishi/
お問い合わせ

075-351-2500

Venue Information

会場
龍谷ミュージアム
主催
龍谷大学 龍谷ミュージアム、朝日新聞社、京都新聞