これから開催

特別展

跳躍するつくり手たち:人と自然の未来を見つめるアート、デザイン、テクノロジー

TAKT PROJECT《glow ⇄ grow globe》
2019年 Photo Takumi Ota(参考作品)

《Out of Disorder (Layer and Folding) 》
2018年 岩崎貴宏 作家蔵
© Takahiro Iwasaki, Courtesy of ANOMALY

細尾真孝 + 平川紀道 + 巴山竜来
《QUASICRYSTAL―コードによる織物の探求》
2020–21年 Photo KOTARO TANAKA
© HOSOO(参考作品)

目 [mé]《アクリルガス T-2M#16》2021年 作家蔵

地球環境への意識の高まりやテクノロジーの進化など、人間社会のあり⽅が⼤きく変化する現代は、新たな視点が求められる時代だからこそ、人間こそがなしうることの重要性が改めて問い直されています。

本展では、企画・監修者にデザインを軸としてリサーチと思索を重ねてきた川上典李⼦⽒(武蔵野美術⼤学客員教授)を迎え、人間や地球の歴史を意識しながら、柔軟な発想でめざましい活動を展開する日本のアート、デザイン分野の気鋭の20作家(個人・チーム)を取り上げます。

1970年代、1980年代生まれを中心とした参加作家による新作や初公開作品を多数紹介する本展では、過去と未来、自然と人⼯、情報環境と実社会といったさまざまな関係性を軽やかにつないで再解釈する彼らの作品や活動から、世界が直⾯する激動の時代に求められる「創造へ向かう跳躍するエネルギー」が鮮やかに浮かび上がることでしょう。

Event Information

展覧会名
特別展
跳躍するつくり手たち:人と自然の未来を見つめるアート、デザイン、テクノロジー
開催期間
2023年3月9日~6月4日
開館時間
10:00~18:00
(最終入館は17:30)
休館日
月曜日 (祝日の場合は開館)
入館料

一般:1,800(1,600)円 大学・専門学校生:1,500(1,300)円 高校・中学生:1,100円(900円)小学生:600円(400円) 未就学児無料

※( )内は前売、20名以上の団体料金
※京都市内に在住・通学の小中学生は無料
※障害者手帳等ご提示の⽅は本人及び介護者1名無料(学生証、障害者手帳等確認できるものをご持参ください)

前売券発売日:2023年1月6日(金)
美術館公式オンラインチケット、チケットぴあ、ローソンチケットほか主要プレイガイドなど

公式サイト
https://kyotocity-kyocera.museum/exhibition/20230309-20230604
お問い合わせ

075-771-4334

Venue Information

会場
京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ
主催
京都市、京都新聞、日本経済新聞社