開催中

絵で知る百人一首と伊勢物語

池田孤邨《三十六歌仙図屏風》

俵屋宗達
益田家本伊勢物語図 色紙第ニ段《西の京》

小林古径《芥川》

菊池契月《在五中将》

鎌倉時代の歌人・藤原定家が編んだ秀歌撰である小倉百人一首は、定家の息子・為家の舅である宇都宮頼綱(蓮生)の求めに応じて約500年の間に編纂された勅撰和歌集から、100人の歌人が詠んだ歌を各1首づつ選び、色紙に揮毫したものです。

本展では定家の直筆とされる《小倉色紙》をはじめ、菊池契月筆《六歌仙図屏風》など、百人一首に登場する歌人を描いた、近世から近代にかけての日本画を展示します。

また、2F畳ギャラリーでは百人一首の歌人の中から、17番「ちはやふる」を詠んだ在原業平に着目。業平を主人公とする「伊勢物語」の場面を想起させるような絵画を展示します。

百人一首と伊勢物語、2つの古典文学を絵とともに読み解いて親しんでいただけるきっかけとなれば幸いです。

前期:1月28日~3月6日
後期:3月8日~4月9日

Event Information

展覧会名
絵で知る百人一首と伊勢物語
開催期間
2023年1月28日~4月9日
開館時間
10:00~17:00
(最終入館16:30)
休館日
火曜日 (ただし、3月21日は開館)
入館料

一般・大学生 900円/高校生 500円/小中学生 300円
障がい者と介添人1名まで 各500円

公式サイト
https://www.samac.jp/
お問い合わせ

075-882-1111

Venue Information

会場
嵯峨嵐山文華館
主催
嵯峨嵐山文華館・京都新聞

Ticket Present

本展のチケットを「5組10名様」にプレゼント!
〆切は2023年2月5日まで。
※当選は発送をもって代えさせていただきます。