開催中

豊嶋康子 発生法──天地左右の裏表

《鉛筆》1996年 東京都現代美術館蔵 撮影:椎木静寧

《口座開設》1996年- 作家蔵 撮影:加藤建

《色調補正1》2005年- 作家蔵 撮影:後藤充
(公開制作、府中市美術館、2005年)

《パネル #22》2014年 作家蔵 撮影:星野健太

《パネル #22》2014年 作家蔵 撮影:星野健太

《地動説2020 アイレー》2020年 個人蔵 撮影:星野健太

豊嶋康子(1967-)は、1990年より30年以上にわたって、私たちを取り巻くさまざまな制度や価値観、約束事に対して「私」の視点から独自の仕方で対峙し続けてきた作家です。

物や道具の仕組み、学校教育、経済活動から日常のさまざまな行為まで、私たちに避けがたく内面化、自動化されてきた思考や行為の枠組みやルールを、自身の感じる違和感や関心を梃(てこ)として独自の仕方で読み替え、捉え返すことで、人の思考の型の形成、社会と自己の成り立ちの在り様を問うてきました。

本展は、豊嶋の制作の全貌を、初期作品から新作まで400点近くを一堂に集め検証する初めての試みです。あまたある世の決まりごとに「私」を交差させる豊嶋の作品は、システムと不可分の存在であり続ける私たちに、多くの示唆を与えてくれます。「天地」や「左右」はどのようにして決まるのでしょうか?あるいは裏と表をひっくり返すことは?
自身の思考を素材とする一種の潔さとユーモアをもって、私たちをめぐる事物に対する「私」の応じ方をかたちにし、さまざまなシステムと「私」双方の「発生法」を捉えようとする豊嶋の制作は、私たちの思考や行為、そして自由の領域について、あらためて捉え返す契機を与えてくれるに違いありません。

Event Information

展覧会名
豊嶋康子 発生法──天地左右の裏表
開催期間
2023年12月9日~2024年3月10日
開館時間
10:00~18:00
(展示室入場は閉館の30分前まで)
休館日
月曜日 (1月8日、2月12日は開館)、12月28日~1月1日、1月9日、2月13日
入館料

一般1,400円(1,120円) / 大学生・専門学校生・65 歳以上1000円(800円) / 中高生600円(480円) /小学生以下無料

※(  ) 内は20名以上の団体料金
※本展チケットで「MOTコレクション」もご覧いただけます。
※小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要です。
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付添いの方(2名まで)は無料になります。
※毎月第3水曜日(シルバーデー)は、65歳以上の方は年齢を証明できるものを提示していただくと無料になります。
※家族ふれあいの日(毎月第3土曜日と翌日曜日)は、18歳未満のお子様をお連れの都内在住の保護者2名まで、観覧料が半額になります。(保護者の方は都内在住を証明できるものを提示)

公式サイト
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/toyoshima_yasuko/
お問い合わせ

050-5541-8600(ハローダイヤル)

Venue Information

会場
東京都現代美術館 企画展示室 1F
主催
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館