これから開催

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

《花摘み、フランス式庭園にて》
チャイルド・ハッサム
1888年
油彩、カンヴァス
71.1×55.1cm
ウスター美術館

《睡蓮》
クロード・モネ
1908年
油彩、カンヴァス
94.8×89.9cm
ウスター美術館

《アルノ川の眺望、フィレンツェ近郊》
トマス・コール
1837年
油彩、カンヴァス
84.5×135.3cm
ウスター美術館

《ディエップの船渠デュケーヌとベリニー、曇り》
カミーユ・ピサロ
1883年
油彩、カンヴァス
54.3×65.5cm
ウスター美術館

《裸の赤ん坊を抱くレーヌ・ルフェーヴル(母と子)》
メアリー・カサット
1902-03年
油彩、カンヴァス
68.1×57.3cm
ウスター美術館

第1回印象派展から150周年を迎える2024年、印象派がヨーロッパやアメリカへもたらした衝撃と影響をたどる展覧会を開催します。

パリには国外からも多くの画家が集いました。パリでは印象派に触れ、学んだ画家たちは、新しい絵画の表現⽅法を⾃国へ持ち帰ります。本展では、西洋美術の伝統を覆した印象派の⾰新性とその広がり、とりわけアメリカ各地で展開した印象派の諸相に注目します。

アメリカ・ボストン近郊に位置するウスター美術館は、1898年の開館当初から印象派の作品を積極的に収集してきました。この度、ほとんどが初来日となる同館の印象派コレクションを中心に、日本でもよく知られるモネ、ルノワールなどフランスの印象派にくわえ、ドイツや北欧の作家、国際的に活躍したサージェント、さらにはアメリカの印象派を代表するハッサムらの作品が⼀堂に会します。

これまで日本で紹介される機会の少なかった、知られざるアメリカ印象派の魅力に迫ります。

Event Information

展覧会名
印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
開催期間
2024年7月6日~9月29日
開館時間
10:00~17:00
(16:30受付終了)
休館日
月曜日 (ただし、7月15日、8月12日、9月16日、9月23日は開館)、7月16日、8月13日、9月17日、9月24日
入館料

大人1,500(1,200)円、大高生900(800)円、中小生500(400)円、未就学児無料
※新館常設展示室もご覧になれます。
※( )内は各種割引料金[20名以上の団体、65歳以上の方、東京富士美術館公式SNS 登録者ほか]。
※土曜日は中小生無料。
※障がい児者、付添者1名は通常料金の半額[証明書をご提示ください]。

公式サイト
https://www.fujibi.or.jp/
お問い合わせ

042-691-4511

Venue Information

会場
東京富士美術館 本館 企画展示室
主催
東京富士美術館、日本テレビ放送網