開催中

コレクション展

「鴎外の『意地』のはなし―歴史小説『阿部一族』を中心に」

鴎外の二作目の歴史小説『阿部一族』初出誌
(「中央公論」28年1号 大正2年1月)

鴎外初めての歴史小説集『意地』
(籾山書店 大正2年)

鴎外の元上司・石黒忠悳からの感想
(石黒忠悳筆鴎外宛葉書 大正2年6月22日)

舞台化された『阿部一族』
(「演芸画報」7年6号 大正2年6月より)

『山椒大夫』や『高瀬舟』など数々の歴史小説を執筆した森鴎外(1862~1922)。鴎外が歴史小説の執筆を始めたのは、1912(大正元)年9月13日、明治天皇大葬の日に陸軍大将・乃木希典が殉死したことがきっかけです。わずか5日後、初めての歴史小説『興津弥五右衛門の遺書』を書き終え、続けて『阿部一族』『佐橋甚五郎』を執筆しました。1913(大正2)年、この三作品を収録した初めての歴史小説集『意地』(籾山書店)を刊行します。

『興津弥五右衛門の遺書』『阿部一族』では細川氏(熊本藩主)や家臣、『佐橋甚五郎』には徳川家康と家臣が登場し、それぞれが抱える意地が描かれています。鴎外は歴史に埋もれた逸話を小説に蘇らせることで、自らが生きる時代や社会と向き合いました。

鴎外が執筆した江戸時代の物語を、現代の私たちが読むことで何が見えてくるでしょうか。本展では、歴史小説集『意地』に収録された三作品の初期歴史小説を、館蔵資料や作品を読んだ文学者たちの言葉などをとおして紹介します。鴎外歴史小説の魅力の発見や読書のきっかけにつながる展覧会です。

Event Information

展覧会名
コレクション展
「鴎外の『意地』のはなし―歴史小説『阿部一族』を中心に」
開催期間
2024年7月5日~10月6日
開館時間
10:00~18:00
(最終入館は閉館30分前まで)
※7月9日は9:00より開館、8月3日は20:00閉館
休館日
7月22日, 7月23日, 8月26日, 8月27日, 9月24日, 9月25日
入館料

一般300円(20名以上の団体:240円)
・中学生以下無料、障害者手帳ご提示の方と介護者1名まで無料
※8月3日は区民無料観覧日(文京区在住・在勤・在学者対象、要身分証明書)

公式サイト
https://moriogai-kinenkan.jp/
お問い合わせ

03-3824-5511

メールでのお問い合わせはこちら