開催中

滋賀の家展

池田隆志+池田貴子 design it《和邇のコート・ハウス》 2020年 撮影:Hiroyuki Hirai

「滋賀県」という視点で「家」を考えてみると、面白いことがいくつもあがってきます。

たとえば1961年以降、日本を代表するいくつものハウスメーカーがプレハブ工場を設置しています。また、惜しくも2022年に解体された、黒川紀章設計の中銀カプセルタワービルの「カプセル」は、米原市内の工場で制作されたもの。
その意味では(部分的にであれ)Made in Shiga の建築だったとも言えます。そして、滋賀県は面積の半分を森林が、6分の1を琵琶湖が占めるという特徴的な地形ゆえ、多様な暮らしのかたちを見ることができる場所なのです。

本展は、1960年代の日本の住宅産業と滋賀県の強いつながりから、現代建築家による実践までを紹介します。

パンフレット、模型、図面、写真といった、建築展ならではの資料だけでなく、家具や、建築家や施主のインタビュー映像なども展示するので、建築に専門的な関心を持つ人だけでなく、滋賀で生活する人や、今まさに滋賀で生活することについて関心を持つ人にとって、興味深いものになるはずです。

本展が、「滋賀の家」と、私たちの未来の生活や環境を考えるきっかけになれば幸いです。

Event Information

展覧会名
滋賀の家展
開催期間
2024年7月13日~9月23日
開館時間
09:30~17:00
(最終入場時間 16:30)
休館日
月曜日
[ただし祝休日の場合には開館し、翌日火曜日休館]
入館料

一般1200円(1000円)、高大生800円(600円)、小中生600円(450円) ※2024年8月は大学生以下は無料でご覧いただけます。
*同時開催中の常設展もご覧いただけます。
*( )内は20名以上の団体料金
*身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳をお持ちの方は無料
*お支払いは現金のみとなりますので、ご注意ください

公式サイト
https://www.shigamuseum.jp/
お問い合わせ

077-543-2111

Venue Information

会場
滋賀県立美術館
主催
滋賀県立美術館、京都新聞 特別協力:株式会社木の家専門店 谷口工務店、BBCびわ湖放送

Ticket Present

本展のチケットを「5組10名様」にプレゼント!
〆切は2024年8月17日まで。
※当選は発送をもって代えさせていただきます。