開催中

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×柴田敏雄×鈴木理策

写真と絵画−セザンヌより 柴田敏雄と鈴木理策

鈴木理策《サンサシオン 09, C-58》2009年 作家蔵

柴田敏雄《山形県尾花沢市》2018年 作家蔵

ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》1904-1906年頃 
石橋財団アーティゾン美術館蔵

鈴木理策《りんご 21, P-13》2021年 作家蔵

写真が19世紀に発明され普及し始めた頃と時を同じくして、絵画は印象派をひとつの起点として、それまでの伝統的な表現から大きな変革を繰り返し、そのモチベーションには写真の存在が少なからずありました。他方写真は19世紀半ばの誕生の頃より、美術作品として、記録的な目的ではない絵画的な表現が模索され、その意識はその後も現代に至るまで綿々と続いています。現代の作家、柴田敏雄と鈴木理策の写真作品には、人間がものを見て表現するという、近代絵画に共通する造形思考が感じられます。このたびのジャム・セッションは、両作家がその活動の初期より関心を寄せ続けていたセザンヌの作品を起点に、現代の写真作品と絵画の関係を問う試みです。
展覧会は6つのセクションで構成されます。4つのセクションでは新作を含めた両作家の作品と石橋財団のコレクションとのセッションが展開されます。ポール・セザンヌのセクション、雪舟のセクションでは3者の作品の共演が行われます。柴田・鈴木両名の新作・未発表作品約130点を含む約240点と、石橋財団コレクションより約40点、計280点を超える作品で構成します。

Event Information

展覧会名
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×柴田敏雄×鈴木理策
写真と絵画−セザンヌより 柴田敏雄と鈴木理策
開催期間
2022年4月29日~7月10日
開館時間
10:00~18:00
(4月29日を除く金曜日は20:00まで)*入館は閉館の30分前まで
休館日
月曜日
入館料

日時指定予約制(2022年3月1日[火]よりウェブ予約開始)
ウェブ予約チケット1,200円、当日チケット(窓口販売)1,500円、学生無料(要ウェブ予約)
*この料金で同時開催の展覧会もご覧いただけます。
*ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売します。
*中学生以下の方はウェブ予約不要です。
*開催情報は予告なく変更となることがあります。

公式サイト
https://www.artizon.museum/exhibition/detail/539
お問い合わせ

050-5541-8600

Venue Information

会場
アーティゾン美術館 6階展示室、4階展示室内ガラスケース
主催
公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館