開催中

こどもと楽しむ永青文庫

永青文庫外観

「栗色革包紺糸射向紅威丸胴具足」11 代細川斉樹所用
江戸時代(19 世紀)
永青文庫蔵(熊本県立美術館寄託)

重要文化財 津田友正作、安井算哲識「天球儀(渾天新図)」
寛文13 年(1673)、永青文庫蔵

「昆虫胥化図」8 代細川重賢、天明9 年(1789)鶴田健春模写、永青文庫蔵

「菊蒔絵提重」江戸時代(18〜19 世紀)、永青文庫蔵

10 代細川斉茲「融姫像」文化10 年(1813)、永青文庫蔵

夏休みは永青文庫にいってみよう!
肥後熊本54 万石を治めた細川家から歴代の美術品などを受け継いだ永青文庫。江戸時代より続く下屋敷跡で、大名家の伝来品を鑑賞できる東京で唯一の美術館です。
大名というと男性ばかりが注目されますが、その家族には女性やこどもが大勢いました。ではこどもたちは、大名家の中でどのように暮らしていたのでしょう。永青文庫の膨大な所蔵品の中には、細川家のこどもの肖像画、こども用の小さな能装束、写真など、こどもに関する様々な資料が残されています。本展では、そうしたこどもに関する作品を導入として、藩主所用の甲冑や参勤交代の絵図、大名調度などを合わせて展示することで、こどもにも分かりやすく大名家の暮らしぶりを解説します。
また、夏休みの自由研究のヒントとなるよう、小中学生向けの無料ガイドブックを発行します。夏休みに親子で楽しめる展覧会です。

※新型コロナウイルス感染症、天災、災害等の状況により、臨時に休館や開館時間の短縮を行う場合があります。最新の情報は館公式Twitterをご確認ください。

Event Information

展覧会名
こどもと楽しむ永青文庫
開催期間
2022年7月30日~9月25日
開館時間
10:00~16:30
(入館は16:00まで)
休館日
月曜日 ※ただし、9月19日は開館
9月20日
入館料

一般1,000円、シニア(70歳以上)800円、大学・高校生500円、小学生・中学生以下は無料

※障碍者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料

公式サイト
https://www.eiseibunko.com/
お問い合わせ

03-3941-0850

Venue Information

会場
永青文庫
主催
永青文庫
こどもと楽しむギャラリートーク

学芸員のトークを聞いてから、貸切で展覧会を楽しむプログラムです。

日時:2022年8月8日
①10:00~11:00/②13:00~14:00/③15:00~16:00
会場:永青文庫
定員:小・中学生と保護者 各回5組10人(先着順)
参加費:保護者の入館料のみ
申込方法:7月29日 午前11:00より電話(03₋3941-0850)にて先着順

TICKET

本展のチケットを5組10名様にプレゼント!
〆切は2022年8月7日まで。
※当選は発送をもって代えさせていただきます。