終了

ジャム・セッション M式「海の幸」

ー森村泰昌 ワタシガタリの神話

森村泰昌《ワタシガタリの神話》2021 年(映像作品)より 作家蔵

森村泰昌《M 式「海の幸」習作(色合わせ01:假象の創造)》2020 年 作家蔵

青木繁《海の幸》1904 年(重要文化財)アーティゾン美術館蔵

森村泰昌《自画像/青春(Aoki)》2016/2021 年 作家蔵

森村泰昌《M式「海の幸」第7番:復活の日2》2021年 作家蔵

森村泰昌《M式「海の幸」第9番:たそがれに還る》2021年 作家蔵

「ジャム・セッション」は石橋財団コレクションと現代美術家の共演です。その第2回目に迎えるのは、森村泰昌。森村は、1985年、ゴッホの自画像に扮するセルフポートレイト写真を制作して以降、今日に至るまで、古今東西の絵画や写真に表された人物に変装し、独自の解釈を加えて再現する「自画像的作品」をテーマに制作し続けています。 石橋財団が所蔵する青木繁《自画像》(1903年)、《海の幸》(1904年)にインスピレーションを得た作品を制作するなど、森村は以前から当財団の青木作品へ密かな想いを寄せていました。このたび、改めて《海の幸》と本格的に向き合い、当作品が制作された明治期以降の日本の文化、政治、思想などの変遷史を“森村式”、略して“M式”「海の幸」として形象化し、青木への熱い想いを新たなる作品シリーズへと昇華させます。 この展覧会は、当財団コレクションより青木作品約10点と、森村作品約60点で構成されます。うち50点以上は、この展覧会のために制作された森村による新作です。森村と青木のかつてないセッションをご覧いただきます。

Event Information

展覧会名
ジャム・セッション M式「海の幸」
ー森村泰昌 ワタシガタリの神話
開催期間
2021年10月2日~2022年1月10日 終了しました
開館時間
10:00~18:00
毎週金曜日は20:00まで、入館は閉館の30分前まで
休館日
月曜日
12月28日−1月3日は休館、1月10日は開館
入館料

日時指定予約制(2021 年8 月2 日[月]よりウェブ予約開始)
ウェブ予約チケット1,200 円、当日チケット(窓口販売)1,500 円、学生無料(要ウェブ予約)
*この料金で同時開催の展覧会もご覧いただけます。
*ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売します。
*中学生以下の方はウェブ予約不要です。
*開催情報は予告なく変更となることがあります。

公式サイト
https://www.artizon.museum/exhibition_sp/mshiki/
お問い合わせ

050-5541-8600

Venue Information

会場
アーティゾン美術館 6階 展示室
主催
公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館