これから開催

つながる琳派スピリット 神坂雪佳

『百々世草』より「狗児」
神坂雪佳 
紙本木版多色摺
1909-10(明治42-43)年刊
細見美術館蔵

《双犬図》
俵屋宗達
紙本墨画
江戸前期
細見美術館蔵

『滑稽図案』より「美人草」
神坂雪佳
紙本木版多色摺
1903(明治36)年刊
芸艸堂蔵

《帰農之図蒔絵巻煙草箱》
神坂雪佳 図案 神坂祐吉 作 
木製漆塗、蒔絵、螺鈿 
大正末期
細見美術館蔵
[展示期間:12月1日~18日]

《金魚玉図》(部分)
神坂雪佳
絹本著色
明治末期
細見美術館蔵

神坂雪佳(1866-1942)は、明治から昭和にかけ、京都を中心に活躍した図案家・画家です。20世紀の幕開けと同時に、欧州で当時最先端の美術工芸を視察したことで、雪佳はあらためて日本古来の装飾芸術の素晴らしさを再認識し、「琳派」の研究に励みました。本展覧会は、「琳派」というテーマを通じて、多岐にわたる神坂雪佳の活動の真髄をひもときます。

雪佳の創作活動の大きな特徴は、暮らしを彩るデザインを提供し、空間のトータルコーディネイトをした点にあります。
実用性の高い図案集の出版から、工芸品の意匠(デザイン)、調度品の装飾、絵画制作まで、実に幅広く仕事をのこしました。そして「光琳の再来」とも称される作風を築くとともに、京都産業界の振興、工芸界の活性化にも尽力しました。

本展では、魅力的な琳派コレクションで知られ、神坂雪佳にも早くから注目し顕彰してきた京都・細見美術館の監修のもと、雪佳の代表的作品に加え、雪佳が手本とした琳派の美をうかがわせる本阿弥光悦、尾形光琳らの名品をあわせて、絵画・図案集・工芸品など約80点を展示します。

※会期中、一部展示替えあり
前期:10月29日~11月29日
後期:12月1日~12月18日

Event Information

展覧会名
つながる琳派スピリット 神坂雪佳
開催期間
2022年10月29日~12月18日
開館時間
10:00~18:00
※11月4日、12月2日は20:00まで開館
※いずれも、入館は閉館の30分前まで
休館日
水曜日 ※ただし11月23日は開館
入館料

一般:1,000円/65歳以上:900円/大学生:700円/中・高校生:500円/小学生以下無料
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料

公式サイト
https://panasonic.co.jp/ew/museum/
お問い合わせ

050-5541-8600

Venue Information

会場
パナソニック汐留美術館
主催
パナソニック汐留美術館、東京新聞
TICKET

本展のチケットを「5組10名様」にプレゼント!
〆切は2022年11月13日まで。
※当選は発送をもって代えさせていただきます。