これから開催

開館1周年記念特別展

佐伯祐三 ―自画像としての風景

佐伯祐三《郵便配達夫》1928年 大阪中之島美術館

佐伯祐三《コルドヌリ(靴屋)》 1925年
石橋財団アーティゾン美術館

佐伯祐三《リュクサンブール公園》1927年
田辺市立美術館
脇村義太郎コレクション

佐伯祐三《煉瓦焼》1928年 大阪中之島美術館

国内最大級の佐伯祐三コレクションを誇る大阪中之島美術館で、待望の佐伯祐三展を開催します。およそ100年前、大阪、東京、パリの3つの街に生き、短くも鮮烈な生涯を終えた画家、佐伯祐三(1898 – 1928)。それぞれの街の風景を題材にしつつ、彼が求め続けたのは自らの絵画でした。本展では、佐伯が描いた3つの街に注目し、初出品や画家の代表作を含む約140点を一堂に展観して、その造形性を再考します。

15年ぶりの大回顧展である本展。佐伯芸術の魅力を再発見する機会となることでしょう。

Event Information

展覧会名
開館1周年記念特別展
佐伯祐三 ―自画像としての風景
開催期間
2023年4月15日~6月25日
入館料

未定

公式サイト
https://nakka-art.jp/
お問い合わせ

06-6479-0550(代表)

Venue Information

会場
大阪中之島美術館 5階展示室
主催
大阪中之島美術館、読売新聞社
巡回情報

東京ステーションギャラリー
会期:2023年1月21日~4月2日