これから開催

特別展「恐竜図鑑―失われた世界の想像/創造」

ロバート・ファレン
《ジュラ紀の海の生き物―ドゥリア・アンティクィオル(太古のドーセット)》
1850年頃 油彩・カンヴァス 190×268cm
セジウィック地球科学博物館、ケンブリッジ
© 2022. Sedgwick Museum of Earth Sciences,
University of Cambridge. Reproduced with permission.

人類誕生のはるか以前、地球を支配していた恐竜。19世紀の化石発掘を機に、復元図を通して一般に認知されるようになりました。以来、この古代生物に魅せられた我々は、化石などの痕跡から想像をはばたかせ、絵画を主な手段として失われた世界を創造してきました。

従来の恐竜展の主役は化石ですが、本展では太古への限りない憧憬が込められた「パレオアート(古生物美術)」のロマンあふれる世界へとご案内します。世界各国から集められた作品は、その数およそ150点。恐竜発見以前の幻獣から19世紀の奇妙な復元図、20世紀の躍動感あふれる作品、サブカルチャー、近年の研究に基づくパレオアートまで、古代生物に抱いてきたイメージの歴史を網羅する作品が揃いました。

時に奇妙に、時に獰猛に、時に荘厳に―。 絵の中に無限に広がる、失われた世界への想像の旅をお楽しみください。

Event Information

展覧会名
特別展「恐竜図鑑―失われた世界の想像/創造」
開催期間
2023年3月4日~5月14日
開館時間
10:00~18:00
※入場は閉館の30分前まで
休館日
月曜日
入館料

一般2,000円(1,600円)、大学生1,500円(1,200円)、70歳以上1,000円(800円)、障がいのある方(一般)500円(400円)、障がいのある方(大学生)350円(300円)、高校生以下無料

※( )内は20名以上の団体料金

公式サイト
https://www.ktv.jp/event/zukan/
お問い合わせ

078-262-1011

Venue Information

会場
兵庫県立美術館
主催
兵庫県立美術館、産経新聞社、関西テレビ放送
巡回情報

東京展

会場:上野の森美術館

会期:2023年5月31日~7月22日