開催中

あべのハルカス美術館開館10周年記念

円空―旅して、彫って、祈って―

近世畸人伝_京都府立大学・歴彩館
(京都府立京都学・歴彩館 京の記憶アーカイブ から)

馬頭観音(菩薩)立像_龍泉寺
(写真提供:名古屋市博物館)

十一面観音菩薩立像・善女龍王立像・善財童子立像 全体正面 高賀神社
(画像提供:東京国立博物館 Image TNM Image Archives)s

生涯に12万体の仏像を彫ると誓ったといわれる江戸時代の僧・円空(えんくう、1632-1695)。円空は修験道(日本古来の山岳信仰が、役行者(えんのぎょうじゃ)を始祖として仰ぎ、外来の密教などと習合して、平安時代末に成立した一つの宗教体系)を修めた僧です。山岳修行によって超自然的な力を獲得し、その力を用いて人々を救う活動をする宗教者です。円空はその実践として、各地の霊場を旅し、神仏を彫り、祈りを捧げました。円空が彫った神仏は、あるものは優しい微笑みをたたえ、あるものは迫力のある怒りの相を表し、多くの現代人の心をも惹きつけてやみません。

生誕、入寂の地である岐阜県や愛知県、三重県など東海地方を中心に北海道から近畿地方まで円空の足跡は遺されています。本展では、「円空仏」とよばれ親しまれている彫刻はもちろん、絵画や文書など円空の人柄に触れることのできる貴重な史料により、円空の生涯と活動を追っていきます。

円空の生涯や、人々の切実な祈りや願いに寄り添って作られた「円空仏」は、コロナ禍を経験した我々にとって、時空を超えて力になり、励ましとなるものでしょう。また、2024年は紀伊山地の霊場と参詣道が世界遺産に登録されて20年という節目の年でもあり、修験の行者が育んだ文化に注目が集まっています。

こうした機をとらえて、素朴ながら力強く温かい「円空仏」の魅力を改めて多くの人々に感じていただくことを目指し、本展を開催します。

Event Information

展覧会名
あべのハルカス美術館開館10周年記念
円空―旅して、彫って、祈って―
開催期間
2024年2月2日~4月7日
開館時間
10:00~20:00
※月土日祝は、10:0~18:00
※入館はいずれも閉館30分前まで
休館日
2月5日, 3月4日
入館料

一般1,800円(1,600円)/大高生1,400円(1,200円)/中小生500円(300円)
※( )内は前売りおよび15名以上の団体料金。
※前売券は2023年11月23日(木・祝)から2024年2月1日(木)まで販売。
※障がい者手帳をお持ちの方は、美術館チケットカウンターで購入されたご本人と付き添いの方1名様まで当日料金の半額。

公式サイト
https://www.aham.jp/
お問い合わせ

06-4399-9050

Venue Information

会場
あべのハルカス美術館
主催
あべのハルカス美術館、NHK大阪放送局、NHKエンタープライズ近畿、朝日新聞社