開催中

写真展「冬の海と昭和の海苔養殖」

写真展チラシ画像
「大森 海苔のふるさと館」提供

大田区の海苔養殖は江戸時代中期に始まり、昭和38(1963)年春まで行われました。海苔の収穫期は冬で、11月から海苔採りが始まりました。海苔を採った翌日の早朝から海苔付けをして夕方に乾海苔が完成しました。海苔採りは毎日行い、15日毎の潮合いは浜での作業は休みました。

収穫期は多忙のため、地方の出稼ぎ労働者を雇う家もいました。作業は家族総出で行い、子どもも家業の手伝いをしました。繁忙期は3月までで、4月から5月にかけて片づけをして海苔のシーズンが終わりました。

今回の写真展では、海苔の最盛期である冬の海苔養殖の作業を、主に昭和時代の写真で振り返ります。冬の厳しさと闘いながら大田区の一大産業を支えた人々の奮闘を感じていただければ幸いです。

Event Information

展覧会名
写真展「冬の海と昭和の海苔養殖」
開催期間
2023年11月21日~2024年4月14日
開館時間
09:00~17:00
休館日
第3月曜日(第3月曜日が祝日の場合は翌日休館)、年末年始(12月29日~1月3日まで)
入館料

無料

公式サイト
https://www.norimuseum.com/
お問い合わせ

03-5471-0333