これから開催

生誕130年 没後60年を越えて

須田国太郎の芸術――三つのまなざし

須田国太郎 《鵜》1952年 京都国立近代美術館蔵

須田国太郎 《アーヴィラ》1920年 京都国立近代美術館蔵

須田国太郎 《野宮》1945年頃 個人蔵

須田国太郎 《コインブラ大聖堂(ポルトガル・コインブラ)》1920年 三之瀬御本陣芸術文化館蔵

須田国太郎 グリコのおもちゃコレクション「のりもの(飛行機・電車・車・船)」 1950年代 三之瀬御本陣芸術文化館蔵

画家・須田国太郎(1891-1961)は、「東西の絵画の綜合」という壮大なテーマを掲げ、日本の精神文化に根差した油彩画の在り方を追求しました。
京都に生まれた須田は、京都帝国大学(現・京都大学)および同大学院で美学・美術史を専攻する一方、関西美術院で油彩の基礎を学びます。
1919年に28歳で渡欧。スペインのマドリードを拠点にヨーロッパの各地を訪れ、ヴェネツィア派の色彩理論やバロック絵画の明暗法など、西洋絵画の底流にあるリアリズムの表現に触れます。この滞欧は須田の制作に大きな影響を与え、須田は自らが会得した理論を背景とした、骨太で生命感あふれる独自の油彩表現を切り拓いていきます。
1932年に41歳で初個展を開催。これが契機となり、里見勝蔵や川口軌外の誘いで独立美術協会の会員となると、同会を中心に意欲的な作品を次々に発表しました。また、向井潤吉をはじめとする世田谷ゆかりの作家たちとも交流しました。
本展では、初期から晩年までの油彩の代表作に加え、戦前の滞欧期に撮影した貴重な写真、また、能・狂言への造詣の深さを示すデッサン、そして、長年にわたって蒐集した「グリコのおもちゃ」のコレクションといった、意外な人物像を伝える資料も交え、須田国太郎の新たな魅力を紹介します。
須田国太郎は2021年に生誕130年、没後60年を迎えました。これを記念し、全国5会場で開催する本展は、昨年より愛知(碧南市藤井達吉現代美術館)、大分(大分市美術館)、兵庫(西宮市大谷記念美術館)、広島(三之瀬御本陣芸術文化館/蘭島閣美術館)と巡回し、世田谷美術館がいよいよ最終会場となります。

※展覧会の会期および内容が、急遽変更や中止になる場合があります。会期中の最新情報は美術館ウェブサイト等をご確認ください。

Event Information

展覧会名
生誕130年 没後60年を越えて
須田国太郎の芸術――三つのまなざし
開催期間
2024年7月13日~9月8日
開館時間
10:00~18:00
(入場は17:30まで)
休館日
月曜日 ※7月15日、8月12日は開館、7月16日、8月13日は休館
入館料

一般1,400(1,200)円、65歳以上1,200(1,000)円、大高生800(600)円、中小生500(300)円
※( )内は20名以上の団体料金。事前に電話でお問い合わせください。
※障害者の方は500(300)円。ただし、小中高大学生の障害者は無料。介助者(当該障害者1名につき1名)は無料(予約不要)。
※未就学児は無料(予約不要)。
※高校生、大学生、専門学校生、65歳以上の方、各種手帳をお持ちの方は、証明できるものをご提示ください。

公式サイト
https://www.setagayaartmuseum.or.jp/
お問い合わせ

050-5541-8600(ハローダイヤル)

Venue Information

会場
世田谷美術館
主催
世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)
関連企画

レクチャー1「須田国太郎の画業をめぐって」
日時:8月11日(日)14:00~15:30(開場13:30)
会場:講堂
講師:橋秀文氏(目黒区美術館館長)
定員:先着140名
料金:無料
※当日午後1時より美術館エントランスにて整理券を配布
※手話通訳付き

レクチャー2「須田国太郎の訪れたスペイン」
日時:8月24日(土)14:00~15:30(開場13:30)
会場:講堂
講師:山道佳子氏(慶應義塾大学文学部教授)
定員:先着140名
料金:無料
※当日午後1時より美術館エントランスにて整理券を配布
※手話通訳付き

レクチャー3「須田国太郎が描いた能の世界」
日時:9月1日(日)14:00~15:30(開場13:30)
会場:講堂
講師:長山桂三氏(観世流能楽師 重要無形文化財総合指定保持者)
定員:先着140名
料金:無料
※当日午後1時より美術館エントランスにて整理券を配布
※手話通訳付き

担当学芸員による展覧会解説
日時:8月18日(日)14:00~15:30(開場13:30)
会場:講堂
講師:池㞍豪介(本展担当学芸員)
定員:先着140名
料金:無料
※当日午後1時より美術館エントランスにて整理券を配布
※手話通訳付き

100円ワークショップ
小さなお子様から大人の方まで楽しめる工作。
日時:7月の毎土曜日、8月の毎金・土曜日 13:00~15:00
会場:地下創作室
料金:1回100円
※予約不要、随時受付
※入室は一度に30人まで