これから開催

マリー・クワント展

《マリー・クワントと、ヘアスタイリングを担当していたヴィダル・サスーン》 1964年 © Ronald Dumont/Daily Express/Hulton Archive/Getty Images

《マリー・クワントのカクテルドレスを着るリエーゼ・デニス》 1960年ごろ Photograph by Woburn Studios Image courtesy Mary Quant Archive / Victoria and Albert Museum, London

《マリー・クワントのカンゴール製ベレー帽の広告》 1967年 Image courtesy of The Advertising Archives

2022年に92歳となり、今もなおイギリスで最も親しまれるファッションデザイナーの一人であるマリー・クワント。若い女性のための革新的なファッションを打ち出し、1960年代イギリス発の若者文化「スウィンギング・ロンドン」を牽引した、その軌跡をご紹介します。
西洋の伝統や階級文化に縛られた旧来的な価値観とは異なる、若々しさや躍動感にあふれるデザインを世に送り出したクワントは、ミニスカートやタイツなど、今日当たり前になっているアイテムを広く浸透させたことで知られます。衣服から化粧品、インテリアまでのライフスタイル全般に及んだ個性的なクリエーションもさることながら、量産化時代の波に乗った世界的なブランド展開や、自らファッションアイコンとなる広報戦略もメディアに注目され、時代を先導しました。
本展では、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)より来日する約100点の衣服を中心に、小物や写真資料、映像などで、1955年~75年にかけてのクワントのデザイナーとしての業績と、時代を切り開いた起業家としての歩みをたどります。

Event Information

展覧会名
マリー・クワント展
開催期間
2022年11月26日~2023年1月29日
開館時間
10:00~18:00
(最終入館時間 17:30)
毎週金・土曜日は21:00まで(最終入館時間 20:30)
休館日
12月6日, 1月1日
入館料

一般 1,700円(1,500円)
大学・高校生 1,000円(800円)
中学・小学生 700円(500円)
※( )内は前売料金
※学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします。(小学生は除く)
※障がい者手帳のご提示でご本人様とお付添いの方1名様は半額となります。
(一般850円、大学・高校生500円、中学・小学生350円)当日窓口にてご購入ください。
※未就学児は入館無料。※チケット販売情報詳細はBunkamura HPにてご確認ください
※本展は会期中すべての日程で【オンラインによる事前予約】が可能です。
ご予約なしでもご入場いただけますが、混雑時にはお待ちいただく場合がございます。
予約方法等の詳細は展覧会HPにてご確認ください。

公式サイト
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/22_maryquant/
お問い合わせ

050-5541-8600(ハローダイヤル)

Venue Information

会場
Bunkamura ザ・ミュージアム
主催
Bunkamura、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、朝日新聞社
特別協賛

株式会社クラブコスメチックス、株式会社 マリークヮント コスメチックス

後援

ブリティッシュ・カウンシル、J-WAVE