2022年1月28日

今夏、六本木で「不思議の国のアリス」の世界を堪能する展覧会が開催

ふるさと英国から、160年にわたる「アリス」の文化現象をたどる初の大規模展覧会

森アーツセンターギャラリー(六本木)で、2022年7月16日から「特別展アリス―へんてこりん、へんてこりんな世界―」が開催されます。

1865年にチャールズ・ラトウィッジ・ドジソンが、ルイス・キャロルの筆名で発表された『不思議の国のアリス』。

今日までに、170以上の言語に翻訳されており、児童文学という枠を超えて、あらゆる想像力をかきたてる存在として世界中の人びとに共有されています。

本展は、2021年に英国・ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)で開催された「Alice:Curiouser and Curiouser」の世界巡回展です。それを今回、日本版アレンジを加えて開催し、来場者を「へんてこりん、へんてこりんな世界」へといざないます。

本展では、ルイス・キャロルによる物語の構想や、挿絵を手掛けたジョン・テニエルの素描など、「アリス」の原点から、映画、演劇、ファッション、アート、音楽、写真など「アリス」が文学の枠を越えて各界に及ぼした影響までを、約300点の展示作品で紹介。

さらに、サルバドール・ダリ、草間彌生をはじめ、ビートルズなどといった一流のアーティストやデザイナー、映画監督、作家、科学者にまでインスピレーションを与えた「アリス」の「へんてこりんな世界」の、遊び心あふれるインスタレーション作品も展示します。

 

子どもから大人まで「不思議の国のアリス」の世界を心ゆくまで楽しむことができる「特別展アリス―へんてこりん、へんてこりんな世界―」。

森アーツセンターギャラリーでの会期終了後、2022年12月10日からは、あべのハルカス美術館(大阪)で開催されます。

続報にご期待ください。

Exhibition Information