2021年9月17日

酒井駒子初の本格的な個展が、東京・立川で開催

企画展示 もういちど「みみをすますように 酒井駒子」展/PLAY! MUSEUM

スフマート アートメディア ニュース 企画展示 もういちど「みみをすますように酒井駒子」展 PLAY! MUSEUM 立川
もういちど「みみをすますように 酒井駒子」展 展示風景(撮影:吉次史成)

『よるくま』や『金曜日の砂糖ちゃん』(いずれも偕成社)などで知られる絵本作家・酒井駒子(1966₋)。

ブラティスラヴァ世界絵本原画展での金牌賞や、オランダ「銀の石筆賞」などを受賞し、海外からも高い評価を得ています。

酒井駒子初となる本格的な個展となる本展では、これまでに刊行された20冊を超える絵本を中心に、約250点の原画を厳選して紹介します。

なお、本展は2021年4月10日~7月4日に開催されていました。しかし、会期中、緊急事態宣言による長い休館期間があったため、9月18日より再展示!今回あらたに、雑誌「母の友」(福音館書店)の表紙用に描かれた原画約20点が加わり、展示内容もパワーアップしています。

そんな本展の見どころを、スフマート編集部がご紹介します!

見どころ①6つのエリアを分けて、絵本原画を展示!

酒井駒子のデビューから最新作までの原画を「ある日」「ひみつ」「こみち」などの6つのエリアを分け、本展特製の額やケースで展示します。

酒井が制作を行う山のアトリエ周辺の映像や音、小さなおもちゃやオブジェなども配置し、酒井の描いた物語や文の断片をめぐるようなユニークな展示空間になっています。

スフマート アートメディア ニュース 企画展示 もういちど「みみをすますように酒井駒子」展 PLAY! MUSEUM 立川
『BとIとRとD』原画(白泉社、2009年)

酒井のトレードマークとも言える黒色で下塗りした上に描く画風は、『ぼく おかあさんのこと…』(文溪堂)から定着しました。
黒い下塗りがもたらす粗さと細やかさ。時に段ボールやボール紙といった素材を使い、『BとIとRとD』(白泉社)はコラージュも用いています。
本展では、印刷では再現の難しい色彩、少女や動物たちの繊細な表情を間近に見ることができますよ。

見どころ②みみをすますように絵とことばに出会う展示空間

スフマート アートメディア ニュース 企画展示 もういちど「みみをすますように酒井駒子」展 PLAY! MUSEUM 立川

もういちど「みみをすますように 酒井駒子」展 展示風景(撮影:吉次史成)

本展の会場デザインは、京都在住のフランス人建築家・2m26が担当しました。

杉材で作ったオリジナルの額やケースの間をめぐりながら、酒井駒子の絵とことばをリラックスして味わうことができます。

散歩するように、ゆっくりと歩きながら、時に立ち止まりながら。みみをすますように絵とことばに出会える展覧会です。

見どころ③展覧会オリジナルの商品にも注目!

併設施設「PLAY! SHOP」「PLAY! CAFE」では、酒井駒子展に連動した書籍やオリジナルグッズ、オリジナルメニュー

を販売しています。

スフマート アートメディア ニュース 企画展示 もういちど「みみをすますように酒井駒子」展 PLAY! MUSEUM 立川 オリジナルグッズ
(左) PLAY! SHOPもういちど「みみをすますように 酒井駒子」展 展覧会グッズ 紙ファイル
(右)PLAY! SHOPもういちど「みみをすますように 酒井駒子」展 展覧会グッズ 黒い帆布のブローチ

段ボールやボール紙の上にモチーフを描く、酒井駒子の原画の雰囲気をそのまま紙製のファイルにしたものや、厚手の黒い帆布に、小さなどうぶつたちをプリントしたブローチなど!

本展でしか手に入らない、オリジナルグッズに注目です。

スフマート アートメディア ニュース 企画展示 もういちど「みみをすますように酒井駒子」展 PLAY! MUSEUM 立川 オリジナルメニュー
(左)PLAY! CAFEもういちど「みみをすますように 酒井駒子」展 オリジナルメニュー 「よるくま」カレー
(右)PLAY! CAFEもういちど「みみをすますように 酒井駒子」展 オリジナルメニュー「ロンパーちゃんとふうせん」パフェ

展覧会の限定カフェメニューも充実しています。どれも食べてしまうのがもったいないくらい!

こちらのかわいらしいメニューもぜひ、楽しんでみてください、

おまけ:展覧会に関連したワークショップ

PLAY! MUSEUMの上にある、子どものための屋内広場「PLAY! PARK」(別料金)では、展覧会に関連したワークショップを日替わりで開催します。

本展と連動したワークショップ「黒い絵の具のうえに絵を描いたら?」では、酒井駒子の絵本を見ながら、段ボールに絵を描いていきます。

スフマート アートメディア ニュース 企画展示 もういちど「みみをすますように酒井駒子」展 PLAY! MUSEUM 立川 ワークショップ PLAY! PARKもういちど「みみをすますように 酒井駒子」展 関連ワークショップ「黒い絵の具のうえに絵を描いたら?」

こちらもお時間があったら、お子さんと一緒に参加してみてはいかがでしょうか。

 

酒井駒子初の本格的な個展となる本展。

東京展終了後は、鹿児島県の長島美術館へ巡回が予定されています。

なお、本展開催期間中は、当日券で入場可能。休日および混雑が予想される日のみ事前決済の前売券(日付指定のみ、オンラインチケット)の購入がおすすめです。

詳しいチケット情報は、美術館公式サイトをご確認ください。

Exhibition Information

展覧会名
企画展示 もういちど「みみをすますように 酒井駒子」展
開催期間
2021年9月18日~11月14日 終了しました
会場
PLAY! MUSEUM
公式サイト
https://play2020.jp/article/komako-sakai-2/